海外赴任中にはトラブルに遭いたくはないですよね。日本ではなかなか経験できない(?)トラブルもあります。。

今回はバンコクでの邦人ビジネスマンに多い実際のトラブルを紹介します。(バンコク在住経験のあるLISAさんの体験談です。)

1.タクシーのトラブル

バンコクではメータータクシーが一般的ですが、タクシーでのトラブルは尽きません。最近は配車アプリも普及しつつありますが「まだ使えない」という意見も。

以下、タクシートラブル事例と対策をご紹介します。

メータータクシーが遠回り

タクシー運転手による意図的(?)な遠回りはよく聞ききます。慣れない頃や、知らない道の場合は、タクシーの登録番号を確認する仕草などしておけば悪質な事がされにくくなります。

女性は性犯罪に巻き込まれる危険もあります。乗車中に携帯電話で誰かと話しているフリをするだけでも有効です。

雨天時や渋滞時、値段交渉になる

タクシーの値段交渉はタイではまれにあることで、ある程度は仕方ないです。「値段交渉するタクシー=悪」と決めつけずに、タクシーを求めてウロウロする労力に比べて妥協可能な料金か検討する柔軟性も必要。日本円にしたら100円や200円の高めの料金なら気持ち良く払って乗ってしまった方が気分いいこともあります。

メーター改造

私の知人が遭遇したケースなのですが、空港からホテルまで地図アプリを見ながら行ったのに、メーター料金が相場より高かった、ということがあったようです。空港のカウンターにて発行の車両番号が書かれた紙を受け取っていたが、よく分からずに運転手に言われるがまま渡してしまった(後で思うと証拠隠滅?)。本人曰く、メーターが改造されていたとしか思えない状況だったとのこと。

ガイドブックにも書かれていない、かなり珍しい事象ですし、真相は不明のままですが、バンコクでタクシーに乗るときはナンバープレートや社内の登録証等を控えておくのが間違いないな、と改めて思いました。

2.ひったくり、スリの被害

路上を歩いているときにバイクによるひったくり被害に遭ったという人は、私の周りでも何人もいます。

電車の駅やエスカレーターなどでスリに遭う人も多いです。思っているよりもずっと身近に起こっているので常に気を付けましょう。

特に、道路側にバックを下げない、リュックで移動するなどの対策が必要です。

3.スキミング、清掃スタッフや家政婦による盗難

クレジットカードのスキミング被害は出張者がホテルでよく遭っている被害です。

これは、できるだけ会計の際にカードから目を離さないことと、毎月のカード請求をこまめにチェックすることである程度防止できます。あと、カード利用を知らせるメールを携帯電話で受け取るように設定しておく、等で被害を抑えましょう。

部屋の清掃スタッフによる盗難もたまに聞きます。ホテルには貴重品や大金を置いたままにしない、財布を目につく場所に置かない等シンプルな予防策を講じましょう。

家政婦に日用品の買い物を任せていたら、預かったお金で私物も買っていたというケースもありました。レシートはチェックしましょう。

4.恋愛トラブル

タイ人異性とのトラブル、実は多いです。

主にお金、嫉妬、不倫の3点です。 詳細は長くなるのでココでは簡単に述べておきます。

お金にまつわるトラブル

日本人男性にタイ人彼女ができると「親の医療費」や「弟の学費」、「結納金」をおねだりされることがあります。嘘ではないとしても、金額高めに要求されることも。「夜の商売」では無くて、「普通のマッサージ師」「普通の店員」だから良い子とは限りません。同情してお金を出す前に冷静に。

恋愛トラブル

タイ人女性は嫉妬心が激しい人が多いです。愛情や嫉妬の表現、まるでドラマのようです。仕事関係の男性から携帯電話からの着信があったので出て見たら、その男性の妻から「あんた誰よ?」と疑われたこともありました。

軽い気持ちで付き合って別れた後にストーカー化なんてこともありますので慎重に。

また、日本に奥さんを残して単身赴任で来ている男性の不倫も多いです。タイでの愛人はバレないと思うのでしょうが、タイ人の女性は「日本人の彼氏」を見せびらかしたくて仕方ありません。SNSでデートの様子を投稿されて、会社中に知れ渡り、降格・帰国させられたなんて話も実話です。

5.交通事故

日本に比べると路上モラルが低いです。日本人の死亡事故も多々あります。仕事ではドライバーの運転する車での移動が多いですが、ドライバーのモラルに関しては会社の業務規定でしっかり管理させ、乗車中に「危ない」と思ったらきちんと運転手や担当部署に伝える、シートベルトは締めるなどして自衛しましょう。

スポンサーリンク